読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

絵本は思い出の場所

子どもたちに読み聞かせた絵本のことなど

三びきのこぶた

今日の3冊目「三びきのこぶた」

三びきのこぶた

三びきのこぶた

 

 有名な民話とか昔話って、いろんなアレンジのものがありますね。特に教訓めいていたりするものが多くて、幼い頃から慣れ親しんだ「三びきのこぶた」も自分にとっては、「手を抜いて仕事をするヤツは碌な目に遭わない」みたいなストーリーになっていました。

今日、読んだこの三びきのこぶたは、ちょっと違う感じでした。

「三びきのこぶた」とはいうものの、話のメインは、「三びき目のこぶた」。タイトルも変えたほうがいいんじゃないのかなって思いました。けど、起承転結とか三幕物の構成に慣れている大人である私たちは違和感を感じる(意識側で法則に当て嵌めようと無意識のうちにしてしまっている)のであって、どうでも良いのですよね、そういうのは。

現にちーちゃんもあーちゃんも静かにじっと絵本に魅入っていました。「ねこのピート」で散々騒いだ後なのに。

絵が大変魅力的な絵本でした。