読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

絵本は思い出の場所

子どもたちに読み聞かせた絵本のことなど

忘れていたこと

読み聞かせを始めるまで

1人目の子どもが生まれからもう6年が経とうとしている。いつの間にか、次の4月で1年生になる。先日、可愛らしい水色のランドセルを買った。

2人目の子どもが生まれてからは次の5月で4年が経つ。

お姉ちゃんと弟。

ふたりが生まれてから、いろいろなことがあって(それは子どもたちについてもそうだし、自分自身についても、私たち家族にとっても)、あっという間に時間が経ったという感じがする。本当にあっという間だった。

たぶん大勢の人に聞いても、子育てなんて、あっという間だったって言うんだろうけど、あっという間の6年間だった。

 

先日、図書館で一冊の絵本と再会した。

ジャイアント・ジャム・サンド (えほんライブラリー)

ジャイアント・ジャム・サンド (えほんライブラリー)

 

”再会”したのだ。表紙に目にするまで、自分が子供のころ、この絵本が大好きだったことも完全に忘れていた。

そして、子どもが生まれたらしたかったことを思い出した。