読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

絵本は思い出の場所

子どもたちに読み聞かせた絵本のことなど

アベコベさん

 今日の1冊目「アベコベさん」

アベコベさん

アベコベさん

 

図書館でタイトルに惹かれて借りてみたけれど、ちーちゃんもあーちゃんもまったく興味を持たなかった。読んでいても面白さが分からなくて、読んでいて不安になってきてしまいました。そして、途中でふたりとも「別なのがいい」と言い出す始末。

けれども、その後、奥さんが「ここって変だねー」とか「こういうのをやったら怒られるからね」とか、解説しながら読んでいったらあーちゃんは楽しそうに聞いていました。

詰まらないならば詰まらないなりに読み方があるなーと思いつつ、この絵本はそういうハチャメチャぶりだけを楽しむ絵本で、ストーリーとか一貫性とかそういうのは気にしちゃいけないんだって思いました。